お問合せはこちら

東洋建設 工事メニュー
太陽光発電

  1. ホーム
  2. 工事メニュー
  3. 太陽光発電

安心設置の3つのポイント

ご注意!太陽光発電設置で思わぬ雨漏り

太陽光発電設置の太陽光発電パネルを設置する屋根工事が主です。したがって、屋根工事の知識や技術がないと、屋根や住宅にダメージを与えてしまうことがあります。せっかく環境や家計のことを考えて設置したのに、雨漏りしては元も子もありません。

太陽光発電設置で、なぜ雨漏りするのでしょうか?

太陽光発電パネルは主に架台といわれるフレームを屋根に取り付けて設置します。この架台は屋根に穴を開けて固定するのです。
この穴あけ固定作業を屋根の知識や技術が低い者が工事をすると、野地板という屋根の下地で、雨漏りを防ぐ役割をしている部分を傷めてしまうことがあります。
また、ビス穴の防水処理が不完全で、ビス穴から雨水が浸入してしまうこともあります。そのため、雨漏りにつながるのです。

屋根工事のプロが太陽光発電を安心設置

では、どうすれば?知識と技術がある屋根工事専門店であれば心配ありません。
東洋建設は安心な太陽光発電の設置を行います。

安心ポイント1屋根診断をしてからご提案
太陽光発電を設置する屋根の状況を的確に把握しておかねばなりません。そこには危険が潜んでいるからです。東洋建設は屋根工事専門店として数多くの屋根を診断し、的確に判断できる知識を持っています。屋根やお住まいが長持ちすることも含めて太陽光発電を提案します。
太陽光を設置する屋根が傷んでいる危険!

太陽光発電パネルは既存の屋根の上に設置します。そのため、既存屋根が築年数の経過とともに傷んでおり、劣化程度によっては将来的に屋根が先に傷み、雨漏りやお住まいの寿命を縮める危険が潜んでいます。
もし、屋根が傷んでしまったら、太陽光発電が設置されている分、その修理は大がかりな工事になります。
したがいまして、太陽光発電を後設置する場合、その屋根の状態をしっかり把握しておく必要があるのです。

安心ポイント2屋根の工事技術と実績があるから安心
太陽光発電設置は屋根工事の技術が低いと、雨漏りなどをまねきます。
東洋建設は多くの屋根工事実績を持ち、知識と技術が豊富で現場対応力も高く、工事体制も充実。当然ですが、屋根設置の穴あけ作業など下地を傷めない工事をします。太陽光発電設置においても安心です。
安心ポイント3アフター重視で導入後も安心
「工事後から、お付き合いが始まる」の考えのもと、お客さまのことを思いアフターサービスを重視しています。売りっぱなしの悪徳業者とは違い、安心です。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムは主に4つの製品で構成され、電気を住宅内に供給していきます。

設置する工事力がポイント

太陽電池モジュールやパワーコンディショナなどは電気メーカーが性能を競っています。しかし、メーカー選びより重要なことがあります。それは、『既存の屋根の傷み具合をいかに把握するか』『屋根の上にいかに安全に設置するか』ということ、つまり屋根の知識と工事力です。
どこのメーカー品を採用しても工事がいい加減であれば、雨漏りなどが発生する危険があります。その点、東洋建設は屋根工事専門店として知識が豊富で工事技術も高く、安心してお任せいただけます。